アイメイク 付けまつげ まつげカール アイラッシュ やり方

理美容トピックス

全国の繁盛店サロンオーナー114名に聞きました。

「日々に経営の参考にしているものは何ですか?」

Q1 他業種で最も経営(サービス)の参考にしたい業種は何ですか?

ホテル               39.0%
ディズニーランド等の施設    21.0%
その他の飲食業         12.0%
ブランドショップ          10.5%
高級レストラン          10.5%
その他               7.0%

“ホテル”と回答した理由は「ホスピタリティを学びたいから」
「お客様の望むことは出来る限りしてさしあげよう、という姿勢
が美容と同じだから」等。“ディズニーランド等アミューズメント
施設”の理由は、「スタッフの意識の高さの秘訣、リピーターの
多さの秘訣を探りたい」等でした。“航空業界”がゼロだったの
が意外でした。

Q2 美容室経営に関して、あなたが最も信頼を寄せる情報ソースはなんですか?(2つまで回答可)

   

同業者経営者仲間の話          39人
異業種経営者の話             34人
業界紙                    34人
新聞                     19人
書箱                     16人
一般の経営誌               14人
インスピレーション             14人
メーカー・ディーラーからの情報     13人
業界経営セミナー             10人
異業種経営セミナー            10人
経営コンサルタントの話          5人
商工会等の主催セミナー         2人
インターネット                2人
その他                    8人

身近な存在で、かつ生の情報源である経営者仲間から情報を
得ているという答えが一番でした。ただ注目したいのは“経営
セミナー”に関しては、美容と異業種がほぼ同数である点です。
集客難時代にあって、サロン経営者があらゆる業界に共通する
経営手法を積極的に学び、取り入れようとしている姿勢が現れ
ています。

Q3 理想の経営者像を教えてください。

最も多くのオーナーが日産自動車(株)を黒字企業へと導いた
最高責任者カルロスゴーン氏を挙げた。その他本田宗一郎氏、
松下幸之助氏、芸人としても映画監督としても成功を収めた、
北野武氏という回答も多くあった。

Q4 あなたのサロンに足りないと感じている能力はなに?(複数回答可)

人間力                              38人
幹部・店長の指導力                      19人
営業力                              15人
マネージメント力                        12人
発想力                              9人
接客力                              6人
企画力                              5人
提案力                              3人
技術力                              3人

「人間力」が最多回答。これは、スタッフ・お客様を惹きつける人間的魅力。
常に成長し続けていきたいという気持ちの表れと言える。集客難、価値観の
多様化する時代において、売上を伸ばす最後の決め手は「人間力」だと考えて
いるようだ。

Q5 あなたが習得した、もしくはしようとしているビジネススキルはなに?(複数回答可)

コーチング                            86%
リーダーシップ                         76%
カウンセリング                         53%
コミュニケーションスキル                   40%
モチベーション・マネージメント                38%
マーケティングスキル                     37%
マネージメントスキル                     37%
エンパワーメント                        32%

コーチングは、スタッフ自らに答えを導きださせることによって、スタッフ自身の意識を
高めさせようとする、今最も注目されている技術の一つ。スタッフの「人間力」教育をより
充実させたいというオーナーの意図が現れている。

サロンの発展のためには、技術力以上に精神力・人間性の成長が必要だと気づき、
苦心している様子がうかがえます。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional